2016年01月24日

「正しさ」を主張していつまで自分を守ることを選択しますか?


あるメルマガの1文にあったこの言葉を見て、ハッとしました。


自分が相手にしている時には気づかず、
相手が自分にしている時に気づく。


時々、ぐうの音も出ないほどの見事な正論を言われた際に、
(自分で言っていた時も)
確かにそのとりなんだよな〜。
と、思いつつ、どこかすっきりしない違和感を感じていたのだけど、
その違和感の正体は、コレだったのか〜。


納得。


自分を守るのに必死なんだな〜。

守ろうとするから、どんどんかたくなになってなっていってしまう......


気づいた時点でやめればいいんだよね。


全ては鏡とはよく言ったもので、他人を通して、自分に気づく。




2015_1012_133209-PA120033_640.jpg







posted by crystal-lagoon at 11:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

伝えたいことが伝わらないもどかしさ。


ここのところ、言葉のもどかしさにう〜ん。
と、なっています。

う〜ん。

なんていうか.....
自分が伝えたいことの真意が、私のつたない言葉を通すことで、
微妙なニュアンスが伝わらず、ズレた感じで伝わってしまう。
というか、全く違ったものになってしまう。
というか、伝わっていない。
というか、それもう誤解してません?

というような、???の返答が返ってきてしまい、
説明したいけど、さらにややこしくなってしまいそうなので、もういいや。

と、あきらめてしまう。
というような、出来事が続き、ここのところう〜ん。となっています。

う〜ん。

なんで、伝わらないのだろう?

そもそも、その伝えたいコトというのが、感覚的なコトで、
ニュアンスで感じ取ってもらえるとありがたい的な、伝えずらいことだったりするので
言葉で表現するにはとても制限されてしまい、的確にそれを表す言葉が見つからない。
といった感じで、私の言葉のチョイスと伝え方のスキルが低いから。というのも大いに
あるのですが、それでも伝わる人には、何の問題もなくスッキリキッチリ伝わるのです。


これが、コミュニケーションの難儀なところで、いかに伝わらない相手に伝えられるか。

私の場合.....
まずは、折れない心。
といったところでしょうか(笑)


いろいろな意味で表現の仕方というのは、永遠のテーマです。

美しく巧みな文章で、読む人を引き込む物書きの方ってやっぱりすごいんだな〜。
と感心してしまう今日このごろ。

う〜ん。



2015_1012_121424-PA120031_640.jpg






posted by crystal-lagoon at 19:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。